今、恵比寿・鳥取のセフレ出会いを。

そんなに恵比寿・鳥取のセフレとの出会いが気になるのなら…
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 恵比寿で出会いがありアルバムを再生する | main | 恵比寿出会いではこれから仕事をするつもりです >>

心配してレコードを買った恵比寿の出会い

0


    この間のヨーコさんのニュースは心配したけれど、幸い命に別状がないようでよかった(*_*;

    恵比寿出会い


    原節子さんじゃないけど、
    まだまだ生きる伝説でいてもらわないと困ります(^.^)

    『 田舎でロックンロール 』 

    恵比寿の出会い恵比寿の出会い
    写真を表示
    『田舎でロックンロール』奥田英郎

    1959年生まれの作家、奥田英郎の10代の頃の音楽体験エッセイ集。

     

    レコード、カセットテープ、ステレオ、恵比寿の出会い
    ラジオ(AM・FM)、エアチェック、
    洋楽雑誌ミュージック・ライフ等々、
    7歳下の自分にもよくわかる共通項。

     

    さらになにより、
    限られたお小遣いの中でレコードを買いにいくワクワク感・ドキドキ感は、よーくわかるし、

    「ロックとの出会いがなかったら、わたしは作家になっていなかったと思う」
    という音楽愛・ロック愛もよくわかる(^.^)

    恵比寿の出会い
    これを読んで自分も音楽ファンになれてよかったと改めて思った(^^)

     

    このエッセイ集に対する恵比寿の出会い
    山田詠美のコメントも面白くて、

    「田舎育ちの熱きロック魂ほど、タフで笑えるものはない」とのことですf(^^; 
     デヴィッド・ボウイの5曲 』 

    恵比寿の出会い
    写真を表示
    ★「スペース・オデッティ」(1969)

    ボウイ古典中の古典。これを聴かなきゃ始まらない。


    ★「ロックン・ロールの自殺者」(1972)

    ロック版「ひとりじゃないよ」ソング。
    西野カナあたりにも聴かせたい(笑)恵比寿の出会い
    ★「アブソリュート・ビギナーズ」(1986)

    ボウイ流ジャズ・ボーカル・ソング。
    この曲のメロディーがなぜか頭から離れません(#^.^#)

     

    - | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする